TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > 車載ソフトウェア > 新段階に突入した「車載セキュリティ」、過渡期ならではの着地点を探る
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

新段階に突入した「車載セキュリティ」、過渡期ならではの着地点を探る

カルソニックカンセイが、フランスのサイバーセキュリティ企業であるQuarksLabとの合弁で、「車のセキュリティ」に取り組む新会社「WHITE MOTION」を設立した。機能的な安全とサイバーセキュリティの着地点が見えにくい中、どのような着地が望ましいのか。

要約

2015年にセキュリティカンファレンスにて、車をハッキングしての遠隔操作が可能なことが発表されて以来、車のセキュリティに対する関心は高まっている。それは自動車メーカーとサプライヤーにとっても同様である。しかし、具体的な取り組みについてはまだ不明瞭であるのが現状だ。

そんな中、カルソニックカンセイが「車のセキュリティ」「車載システムのセキュリティ」に取り組む新会社の設立を発表した。新会社「WHITE MOTION」の取り組みと、「サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」にて言及されたIoTセキュリティの在り方から、新たな段階に突入した、車載セキュリティの向かうべき方向性を考える。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/08/31
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ589 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け