TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > FA/制御システム > 単なるIoT導入では効果が薄い――今後、製造業で本当に必要なものとは?
製品資料

株式会社ABEJA

単なるIoT導入では効果が薄い――今後、製造業で本当に必要なものとは?

今多くの製造業がIoTへの取り組みを加速している。だが、そうした取り組みも業務負担の削減につながらなければ、労働人口の減少などの重要課題に対応できない。そこで、注目すべきなのがディープラーニングの技術である。

要約

 さまざまな業界の中でも、特に製造業のIoTへの注目度は高い。工場には多くの設備があり、そこに取り付けたセンサーから、業務改善につながるさまざまな知見が自動的に得られるからだ。しかし、近年、製造業で深刻化している労働力不足などに対応するためには、さらなる生産性の向上も求められる。

 より少ない人数で生産性を上げていくため、現在マンパワーで行っている業務を機械やコンピュータによって置き換える取り組みは、今後さらに加速していくだろう。この取り組みにおいて鍵となるのが、これまで人間でしか判断し得なかった作業の置き換えを可能とする人工知能(AI)だ。

 そこで、本資料では、AI、特にディープラーニング技術を用いた解析プラットフォームを製造業向けにパッケージしたソリューションを紹介する。製造業のどのような業務に効果を発揮するのかについても具体的に触れているため、業務効率化を考える方は、ぜひ一読されるとよいだろう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechFactoryの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/09/05
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ583 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け