TechFactory > ホワイトペーパー > 組み込み開発 > 国際標準規格対応 > ハードウェア抽象化レイヤー「OpenEL 2.0」の概略と現状
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

ハードウェア抽象化レイヤー「OpenEL 2.0」の概略と現状

「OpenEL」は組込みシステム技術協会が中心となって取り組んでいる、ロボットおよび組み込みシステム向けハードウェア抽象化レイヤーだ。その概略と現状について解説する。

要約

 ロボットをはじめとした組み込みハードウェアは、製品に応じた作り込みによって高い完成度を誇る。しかし、製品ごとの開発はデバイスドライバなどソフトウェアの移植性や再利用性などを低めることにもつながってしまう。

 組込みシステム技術協会(JASA)が開発を主導するOpenEL(Open Embedded Library)は、ロボットや制御システムなどのソフトウェア実装仕様を標準化する組み込みシステム向けプラットフォームである。

 具体的にはセンサー入力やモーター出力など機器制御のAPIを抽象化しミドルウェアより低いレイヤーに配置する。モーターを例にすれば「指定した角度までの回転」「速度制御」などをOpenELにて定義することでモーターのメーカーや型番を意識することなく、プログラムを開発することが可能となる。

 ここではこのOpenELについての概要と現状を解説する。

*このブックレットはMONOistで掲載された記事を再編集したものです。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/09/13
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ559 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け