TechFactory > ホワイトペーパー > 製造マネジメント > その他ITソリューション > パナソニックが次に取り組む量産化技術とは?
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

パナソニックが次に取り組む量産化技術とは?

「モノづくり」から「コトづくり」へ――。製造業のビジネスモデルが大きく変化する中、パナソニックは次の100年に向け、生産技術/量産化技術をヒントに“イノベーションの量産化技術”の実現に取り組む。

要約

 パナソニックは、同社の成長の源泉となる「クロスバリューイノベーション」の実現と、それを量産化するための取り組みに関する技術セミナーを開催した(2017年7月26日)。

 同セミナーに登壇したパナソニック ビジネスイノベーション本部 副本部長 兼 パナソニックノースアメリカ 副社長の馬場渉氏は、「日本の製造業がモノづくりでリーダーシップを発揮してきた生産技術/量産化技術のようなフレームワークが、コトづくりの領域にない」と指摘。ビジネスモデルが「モノづくり」から「コトづくり」へと変化する中、日本の製造業がなかなかコトづくりの世界で勝てない理由について触れた。

 そうした中、パナソニックでは新たな成長の原動力として、イノベーションの量産化を可能にする仕組み作りに取り組んでいるという。技術セミナーでは「ヨコパナ(横のパナソニック)」という言葉を交え、イノベーションの量産化技術の実現に向けた取り組みを詳しく紹介し、パナソニック“次の100年”に向けたビジョンを示した。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/09/14
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ648 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け