TechFactory > ホワイトペーパー > エレクトロニクス > 計測/検査機器 > BluetoothやLPWAの測定における課題、ISM帯無線技術の動向と測定について
プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

BluetoothやLPWAの測定における課題、ISM帯無線技術の動向と測定について

IoTに無線通信は欠かせない技術であり、最近ではLPWAなどにも注目が集まっている。その実装に欠かせないのが「測定」であるが、その動向はあまり話題とならない。ここではテクトロニクスの開催したイベントより「IoT向け無線通信の最新規格と測定課題」を紹介する。

要約

テクトロニクスが最新の技術動向をはじめ、最新ソリューションや活用事例を紹介する年次プライベートカンファレンスを2017年も開催した。2017年7月に開催された「テクトロニクス・イノベーション・フォーラム & Keithley Day 2017」(TIF2017)の今回のテーマは「Measuring the 6th Wave」だった。

 この“第6の波”とはデータネットワークや5G、効率パワー、IoTなどの技術革新によって引き起こされるイノベーションの波を示す。当日はRF/ワイヤレス、パワー測定、高速シリアル、デバイス/半導体といったトラックに分かれた30ほどの技術セッションや、ソリューション展示、新製品のデモンストレーションなどに多数のエンジニアが集まった。
 数あるセッションから本稿ではテクトロニクス/ケースレーインスツルメンツ アプリケーション・エンジニアの鹿取俊介氏による「IoT向け無線通信の最新規格と測定課題」を紹介する。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/10/02
フォーマットPDF
種類プレミアムコンテンツ
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ655 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け