業界特化型 技術・製品情報サイト

  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

WP

Sansan株式会社

製品資料

Sansan株式会社

欧米企業より5周遅れ? 日本企業のデジタル変革推進に必要な4つのポイント

日本企業のDXへの取り組みは、欧米企業に比べて“5周遅れ”だといわれている。こうした状況を改善するには、デジタル化によって変化する産業構造にビジネスモデルを適合することが欠かせない。その実現に必要な4つのポイントを解説する。

コンテンツ情報

公開日 2019/12/09 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 2.21MB

要約

 日本企業のデジタル変革(DX)への取り組みは、欧米企業に比べて“5周遅れ”だといわれている。その理由の最たるものが、「経営者の理解不足」だ。これを解決するには、経営者自らがテクノロジーについて学ぶのはもちろん、推進役として最高デジタル責任者や最高データ責任者を迎え入れるなどして、社内全体を変化に対応できる体制に変えていくことが必要になる。

 また今後は、業界ごとのバリューチェーンが崩壊し、業界の垣根を超えるデジタルプラットフォーマーなどが現れ、産業構造が破壊されていくという。この状況下で生き残るには、DXによる市場の変化に事業を適合させていかなければならない。そこでポイントになるのが、「データドリブンの事業構造への再構築」「顧客体験の高度化」「プロセスイノベーションの加速化」「新しいビジネスモデルの創出」の4つだ。

 本資料では、その中でも特に重要な「プロセスイノベーションの加速化」にスポットを当て、その実現に欠かせない“業務プロセスの自動化”の最適解を探る。社員の働き方に“余白”を作り、変化への対応力を確保するためには何が必要なのか、詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。