業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

Sansan株式会社

レポート

Sansan株式会社

残業は減ったが「賃金も下がった」 働き方改革への労働者の不満を解消するには

働き方改革関連法の施行や新型コロナウイルスの拡大を受けて急速な広がりを見せる働き方改革。その取り組みによって残業時間が減ったものの、「賃金も下がった」と感じる労働者は多い。こうした不満を解消するために、いま必要なものとは?

コンテンツ情報
公開日 2020/09/01 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 3.36MB
要約
 ある調査によると、企業の働き方改革に関する取り組み状況には2017年以降大きな変化が見られるという。2017年には働き方改革に取り組む企業は3分の1にも満たなかったが、2020年に入ってからは過半数の企業が具体的な取り組みを開始している。

 しかし、実際には業務時間管理の取り組みが優先されがちなことから、多くの労働者が「残業時間が減り、賃金が下がった」ことを問題視しているという。そのため、今後は労働時間の削減だけでなく、収益確保のための生産性向上が、より一層求められることになる。

 こうした生産性向上の取り組みにおいて特に重要となるのが、情報機器やITソフトウェアの活用だ。本資料では、働き方改革関連法の施行や新型コロナウイルスの拡大を受けて急速な広がりを見せる働き方改革において、成功を収めるためのポイントを調査データを基に分かりやすく解説する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。