製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

ホワイトペーパー

アイティメディア株式会社

技術文書

アイティメディア株式会社

車載ソフトウエア開発はAUTOSARでどう変わったのか

AUTOSARへの対応が遅れていると言われていた日本でも、JasParの評価活動をはじめさまざまな取り組み事例が報告されるようになった

コンテンツ情報

公開日 2015/08/31 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 1.05MB

要約

AUTOSAR(Automotive Open System Architecture)は、欧州の自動車メーカーを中心に策定されている標準規格である。その目的は、車載ソフトウエアの爆発的な規模の増大に対して、再利用性を高めることにより対応することだ。
 
既存の車載ソフトウエアは、ハードウエアやシステムとほぼ1対1で対応するものとして開発されてきた。これに対して、AUTOSARでは、階層化されたソフトウエアアーキテクチャとして車載ソフトウエアのあり方を定義している。

本稿では、こうした既存の車載ソフトウエアとAUTOSAR準拠の車載ソフトウエアの違いについてまとめる。その上で、欧州と日本におけるAUTOSARの実装に向けたさまざまな取り組みを紹介する。

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。