製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

アイティメディア株式会社

技術文書

アイティメディア株式会社

専門家が解説!「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」

米国の調査会社Gartnerが発表した「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」のポイントをガートナー ジャパンの主席アナリストに聞いた。キーワードは「医療分野での利活用」。

コンテンツ情報

公開日 2016/01/05 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 1.07MB

要約

米国の調査会社Gartner(以下、ガートナー)は2015年8月下旬に、“3Dプリンティング技術”の動向に特化した「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」を発表した。

先行して発表された「先進テクノロジーのハイプサイクル2015年版」の中では、「民生用3Dプリント技術(Consumer 3D Printing)」「企業向け3Dプリント技術(Enterprise 3D Printing)」「臓器移植用3Dバイオプリンティングシステム(3D Bioprinting Systems for Organ Transplant)」「ライフサイエンスR&D用3Dバイオプリンティング(3D Bioprinting for Life Science R&D)」の4つが3Dプリンタ関連技術としてフォーカスされていた。

しかし、今回の3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版の中では、3Dプリンティング全般における技術動向や適用分野が21に分類され、それぞれがハイプサイクル上にプロットされている。

本稿では、ガートナー ジャパン リサーチ部門 テクノロジ&サービス・プロバイダー セキュリティ・イメージング&プリントサービス 主席アナリストの三谷智子氏の解説を交えながら、3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版の主要ポイントについて紹介する。

※本資料はMONOistの記事をまとめたブックレットです

アンケート