業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アイティメディア株式会社

技術文書

アイティメディア株式会社

脳内の“エラー信号”を利用したスマート人工装具の開発とは

人の思考を読み取る? 次世代のスマート義肢

コンテンツ情報
公開日 2016/02/08 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 746KB
要約
 脳波で動かす義肢の開発は、長年にわたり進められてきた。今回、スイスのローザンヌ工科大学(EPFL)は、脳が何らかの情報を“誤り”だと認識した場合に発せられる電位「ErrP(Error-related Potential)」を使って、義肢など人工装具を操作する方法を開発した。

 人工装具を思い通りに動かすことが、これまでよりも格段に簡単になる可能性がある。

※本資料はEETimes Japanの記事をまとめたブックレットです
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。