業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社ピノー

製品資料

株式会社ピノー

エッジPC導入でIoTは変わる

IoTの技術革新と普及が、センサーやWEBカメラの高機能化を促し、設置個所の増加と共にネットワーク上のデータ量激増が予測される。膨大なデータは、クラウドの巨大化や通信回線の容量不足問題を引き起こすが、「エッジPC」の導入はこれらの問題を解決する有効な手段となり得る。

コンテンツ情報
公開日 2016/04/18 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 1.55MB
要約
エッジPC導入でIoTは変わる
 センサーで収集されたデータは、エッジPCにより処理・加工・蓄積され、必要な時に必要なデータのみクラウドやサーバーに送信される。

 エッジPCの導入メリットは、クラウドの巨大化や通信回線の容量不足と遅延を最小限に抑えるだけでなく、演算能力を分散させることで、情報を素早く処理するリアルタイム性の改善やセキュリティー強化にも有効である。例えばカメラで撮影された画像から性別や年齢などの必要情報だけを抽出することや、入手したデータを暗号化することで情報漏洩や個人情報保護も可能になる。

 本資料では、マイクロサーバー「サバ太郎(R)シリーズ」がどのようにエッジPCとしての役割を果たし、IoTに必要となるかを解説する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。