業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アイティメディア株式会社

技術文書

アイティメディア株式会社

IBMが研究開発を進める超低消費電力“脳型デバイス”

「第2回 ウェアラブルEXPO」のセミナーに登壇した日本IBMは、人工知能「Watson」や開発中の「超低消費電力脳型デバイス」などを紹介した。

コンテンツ情報
公開日 2016/06/01 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 784KB
要約
 「ウェアラブルの進化を支える最先端技術」と題するセミナーに登壇した日本アイ・ビー・エム(日本IBM) 東京基礎研究所 サイエンス&テクノロジー部長の折井靖光氏。

 同氏は、「ウェアラブル機器の鍵となるのは、どれだけ低消費電力のデバイスを作れるかだ」と述べ、ウェアラブル機器を語る上では欠かせない、(1)ビッグデータの処理、(2)デバイスの小型化および超低消費電力化の観点から、IBMの取り組みを紹介した。

※本資料はEE Times Japanの記事をまとめたブックレットです。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。