製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

ホワイトペーパー

KDDI株式会社

技術文書

KDDI株式会社

いまさら聞けない 電気料金の仕組み 【その2】~単価を安くする対策~

電気料金は基本料金と電力量料金を組み合わせて算出する。従量制の電力量料金の単価は、契約メニューによって異なるため、利用状況に適したメニューを選ぶことが重要である。さらに、燃料費の調整額と再生可能エネルギーの賦課金が上乗せされ、電力会社によっても大きな差がある。

コンテンツ情報

公開日 2016/07/20 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 1.18MB

要約

 電気料金は毎月の使った分だけ高くなる。このような使用量に応じて加算する部分を「電力量料金」と呼び、「使用量」×「単価」で計算する。

 当然ながら単価が低い方が電気料金は安くなるが、面倒なことに単価が、「電力量料金単価」「燃料費調整単価」「太陽光発電促進付加金単価」「再生可能エネルギー発電促進賦課金単価」の4種類に分かれている。

 4種類ある単価のうち、利用者が選択できるのは電力量料金単価だけで、これは契約メニューによって個別に設定されていて、時間帯や季節によって、あるいは平日か休日かによって細かく分かれている。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。