業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

キーサイト・テクノロジー株式会社

技術文書

キーサイト・テクノロジー株式会社

IoT向けデバイス評価に不可欠な電流波形解析ツール

商品価値の重要ファクタであるIoT搭載デバイスやモジュールでは、μAレベルの消費電流解析が悩みの種となっている。キーサイト・デバイス電流波形アナライザは、従来は対応できなかったμAレベルからの電流変動やスパイクを確実に捉え解析できるIoT機器設計検証には不可欠なツールである。

コンテンツ情報
公開日 2016/07/27 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.93MB
要約
IoT向けデバイス評価に不可欠な電流波形解析ツール
スマートフォン技術の向上により不揮発性メモリ(NVM)への要求が高まり、IoTによってNVMのアプリケーション領域が拡張し続けている。現在はフラッシュメモリがストレージデバイスの主流だが、ReRAM、PRAMなどの次世代のNVMに関する広範囲の研究が進行中で、速度、性能、消費電力、信頼性、コストの改善を通して、省電力ストレージ、ストレージ・クラス・メモリ、従来の揮発性メモリに代わるものを使用したアプリケーションの拡大が見込まれている。

Keysight CX3300 デバイス電流波形アナライザは、独自の超広帯域低電流センサテクノロジーを備えており、手動で調整しながら迅速に、高速(μs未満)な低電流波形(μA未満)を表示できる。これらは、デバイス動作とそのインピーダンス変化のメカニズムを調査するために必要な機能である。

本アプリケーションノートでは、現在のIoT機器開発などにおける測定に関する課題/問題を踏まえながら、NVMデバイスのメリット、および測定のヒントをご紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。