製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

ホワイトペーパー

日本シノプシス合同会社

技術文書

日本シノプシス合同会社

Ethernetとコネクテッド・ワールド

Ethernetはこれまで40年以上にわたり、主要なITアプリケーションのネットワーキング・バックボーンを支えてきた実績のあるネットワーキング規格です。それと同時に、Ethernetはこれまで常に仕様の拡張を続け、新しい市場の要求に応えてきました。

コンテンツ情報

公開日 2016/09/15 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 1.02MB

要約

 ウェアラブル機器や家庭用サーモスタットなどのIoTアプリケーションへの短距離インターフェイスとしては無線プロトコルを利用するのが一般的ですが、基盤となるネットワーク・インフラストラクチャでは今もEthernetテクノロジが欠かせません。ネットワークに接続したすべての「モノ」や機器が安全かつ確実にデータ通信を行えるようにするには、Ethernetを利用したバックボーンが必要です。

 本稿では、住宅、自動車、データセンターという3つの主要な市場におけるネットワーキングの最新動向を概観し、それぞれの市場でEthernetが果たす役割についてご説明します。また、Ethernetベースのデジタル・コントローラおよびPHYを短期間で確実にシステム・オン・チップ(SoC)に実装していただけるよう、ユーザー・ニーズに応えてシノプシスが開発したコンフィギュラブルな半導体IPもご紹介します。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。