製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

ホワイトペーパー

アイティメディア株式会社

技術文書

アイティメディア株式会社

組み込み/IoT機器の開発で使える! Windows OS【後編】

組み込み/IoT機器向けOSとしてマイクロソフトが提供する「Windows Embedded/IoT」とは何か? その導入メリットとは? 活用ポイントや他の組み込みOSとの違いなどを詳しく解説していく。【後編】では「小型・低コストな機器開発に適した『Windows 10 IoT Core/Core Pro』」と「IoTの実現に最適な『Windows IoT』と『Azure IoT』」を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2016/09/16 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 1.6MB

要約

 PC向けOSとして広く普及している「Windows」のバリエーションの中に、組み込み/IoT機器向けOS「Windows Embedded/IoT」があることをご存じだろうか? Windows Embedded/IoTとは、特定用途向けに提供されている組み込みOSのことで、世の中にあるさまざまな組み込み機器に採用されている。

 「組み込み/IoT機器の開発で使える! Windows OS【後編】」では、まず小型・低コストな機器開発に適した「Windows 10 IoT Core/Core Pro」について紹介。CoreとCore Proエディションの違いや商用利用、組み込み/IoT機器開発における活用ポイントを解説する。

 そして、最後にマイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」のIoT向けサービス、そして組み込み/IoTデバイスとクラウドの連携活用について紹介する。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。