業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アイティメディア株式会社

技術文書

アイティメディア株式会社

いまさら聞けない 電気料金の仕組み 【その3】~小規模ビルの契約メニュー~

オフィスや学校など、電力使用量がそれほど多くない場合、基本料金の決め方が複雑になっている。小規模ビルで契約電力が500kW未満になると、毎月の使用量の最大値によって1年間の基本料金が変わってくる。しかも30分単位の最大値が適用されてしまうので注意が必要だ。

コンテンツ情報
公開日 2016/11/18 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 1.09MB
要約
 企業・自治体が電力会社と契約しているメニューは「高圧」が一般的だ。オフィスで使う照明や空調機器、PCやエレベーターなどに電力を分配するため、家庭よりも高い6000Vの電圧で供給されている。

 高圧は、契約電力500kW未満の「高圧小口」でも、500kW以上の「高圧大口」でも単価は同じだが、基本料金のベースになる契約電力の決め方に違いがある。

 高圧小口の場合は「実量制」で契約電力を設定し、実際に使った量で契約電力を決めることになるのだが、その算定方法が簡単ではない……。この仕組みを理解しておかないと、高い基本料金を払い続けなくてはならなくなる。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。