製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

ホワイトペーパー

日本シノプシス合同会社

技術文書

日本シノプシス合同会社

消費電力を削減!「PCI Express IP」による3つのパワー・マネージメント手法

PCI Expressは、サーバ、ネットワーキング、ノートPCなどコンピューティング・アプリケーションの接続機構としての長年の採用実績に加え、最近ではスマートフォンやタブレットなどの小型バッテリ駆動機器への適用も進んでいます。デバイス間のデータ・トラフィックの増大とともに消費電力の問題は大きくなっています。このため、SoC設計者はアイドル時間の消費電力を削減する方法を模索しています。

コンテンツ情報

公開日 2016/11/29 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 621KB

要約

 PCI Expressを利用する場合は、プロトコル自体が持つ省電力手法に加え、高度なパワー・マネージメント手法を活用しながらPCI Express IPをSoCに統合することによって、ターゲット・アプリケーションの消費電力を効果的に削減できます。

 本稿では、PCI Express IPで利用できる3つの省電力手法をご紹介し、プロトコル自体および設計ツールのパワー・マネージメント機能を使用することによって、復帰時間の要件を満たしつつSoCの消費電力を削減する方法についてご説明します。
1. 合成ツールによるクロック・ゲーティング
2. PCI Express IPによるクロック・ゲーティング
3. PCI Expressプロトコルによるクロック・ゲーティングとパワー・ゲーティング

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。