業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アイティメディア株式会社

プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

“海”を舞台にしたロボット競技「沖縄海洋ロボコン2016」レポート

海ならではの課題にどう挑む? 陸上のロボコンとは大きく異なる海洋ロボコン。

コンテンツ情報
公開日 2017/02/21 フォーマット PDF 種類

プレミアムコンテンツ

ページ数・視聴時間 15ページ ファイルサイズ 1.72MB
要約
 水中でのロボットコンテストは幾つか開催されているが、“海”を舞台にしたロボットコンテストは世界でも非常に珍しい。

 那覇市中心部の国際通りから車で10分ほどの場所にある「波の上うみそら公園」で開催された「第2回 沖縄海洋ロボットコンペティション(沖縄海洋ロボコン)」(会期:2016年11月18~20日)には、九州・沖縄地域の大学や職業能力開発大学校を中心に、合計11チームが参加した。

 競技部門は、陸上から海中のロボコンを遠隔操作する「ROV(Remotely Operated Vehicle)部門」、ロボットが自律的に動きゴールを目指す「AUV(Autonomous Underwater Vehicle)部門」、新技術やアイデアの内容を競う「フリースタイル部門」の3つ。「海水」「潮」「波」といった、海ならではの課題にどう挑むかが勝敗を分けた。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。