業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

ADLINKジャパン株式会社

技術文書

ADLINKジャパン株式会社

IIoT対応のスマートファクトリーを構築するための検討ポイント

ADLINKのスマートファクトリーソリューションは広範なプラットフォームエレメントに基づくIIoT対応のインテリジェントな製造のメリットを活用することで、ブラウンフィールドの開発を加速し、インダストリー4.0基準の実現を阻む障害を排除して、生産効率、利益の最適化を可能にする。

コンテンツ情報
公開日 2017/06/19 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 15.2MB
要約
IIoT対応のスマートファクトリーを構築するための検討ポイント
 製造業界では新興のIoT技術がインダストリー4.0を先導し、従来のオートメーション製品はIoTに対応したインテリジェントなオートメーションへと移行し、半オートメーションまたは独立型オートメーションマシンはM2MおよびM2P通信に対応したネットワーク接続プロセスに進化してきた。

 IoT対応のインテリジェントなプロセスを導入したスマートファクトリーでは、マンパワーへの依存の削減、精度と効率の向上、処理能力と品質の最大化、コストの削減が可能となることで、企業の競争力の強化につながる。

 本ホワイトペーパーでは、製造業の現状を踏まえたうえで、既存の設備をIoT接続対応のスマートファクトリーに変換する際に検討すべき項目とともに、スマートマニュファクチャリング構築の手順についても紹介する。