業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社日立ソリューションズ東日本

製品資料

株式会社日立ソリューションズ東日本

さらなる歩留まり向上を狙う「装置データを活用した予測分析」のユースケース

生産技術において、さらなる歩留まり向上を実現すべくデータに隠れた知見を抽出する仮説発見型アプローチ「品質予測分析」を紹介。検査結果や装置データ等に存在する多くのパラメータを使い分析することで不良の発生を予測する。

コンテンツ情報
公開日 2017/06/16 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 1.49MB
要約
 日本の製造業における品質水準・生産性・歩留まりの高さ、どれをとっても誇れることは疑いない。その一方で、さらなる生産性・歩留まりの改善に期待されているのも事実である。では、どうすればその「カイゼン」の糸口が見つかるだろうか?

 本書では、その1つの解決策として、生産技術部門向けソリューション 品質予測分析と自動化(Predictive Quality Analytics and Automation)での「検査結果と装置データの関係を分析し突発的不良の予兆を捕まえる」というテーマのユースケースを紹介する。

 生産技術における品質改善(歩留まり向上)の取り組みにおいて、従来と違うデータ分析のアプローチ「品質予測分析」を取り入れたことによって、状況打開の糸口をつかんだ、ある企業のストーリーである。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。