業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

KDDI株式会社

事例

KDDI株式会社

紙からタブレットへ、建設現場の必須アイテム「野帳」をデジタル化

MetaMoJiと大林組が建設現場の必須アイテム「野帳」をデジタル化。管理者向けに配布されたiPadで動作するデジタル野帳「eYACHO for Business」をリリースした。

コンテンツ情報
公開日 2017/09/01 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.01MB
要約
 「野帳」とは、建設現場の管理者などが使用する野外用の紙メモである。

 大手ゼネコンである大林組は、業務効率化を推進するために現場の管理者に「iPad」を配布し、その利用率を高めるために、野帳のデジタル化を検討。その開発パートナーとしてMetaMoJiが協力した。

 その後、2015年6月に「Ver1.0」をリリース。2015年8月に同バージョンを大林組内で展開した。こうした実績を踏まえて、最新バージョンの「eYACHO for Business」の開発にもMetaMoJiが協力している。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。