業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

KDDI株式会社

技術文書・技術解説

KDDI株式会社

「中堅企業のBCP策定の現実」 ― 事業継続に関する実態レポート

大地震の発生など、リスクを想定した経営を行っている企業はどれくらいあるのだろうか?

コンテンツ情報
公開日 2017/09/01 フォーマット PDF 種類

技術文書・技術解説

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 1.13MB
要約
 地震などに代表される大規模災害が発生した際、あなたの企業は損害を最小限にとどめ、事業の継続および早期復旧が行える備えがあるだろうか?

 企業は自然災害や火災・爆発などの事故、社会/通信インフラの途絶、テロ攻撃・紛争といった企業活動を取り巻くあらゆるリスクを理解・想定し、そうした事態が発生した際、損害を最小限にとどめると同時に、事業の継続および早期復旧が行えるようあらかじめ「事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)」の策定が求められている。

 内閣府(防災担当)は2016年3月、平成27年度に実施した“企業の事業継続および防災の取り組みに関する実態調査”の結果を取りまとめた「平成27年度企業の事業継続及び防災に関する実態調査」を公開。この資料をもとに、BCP(事業継続計画)策定の現状を見ていこう。大手企業と中堅企業での違いも明らかに―。