業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

Ayla Networks, Inc.

事例

Ayla Networks, Inc.

IoT データが“つながる製品”の ROI を最大化する 3 つの仕組み

IoT の活用は、現代ビジネスにとって欠かせないものとなりつつある。短期的に利益を生み出しづらいといわれる IoT への投資だが、ROI を最大化する仕組みを理解し、“つながる製品”のあらゆる可能性に注意を払うことで、大きな価値を手に入れることができる。

コンテンツ情報
公開日 2017/09/07 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.74MB
要約
製造業を中心とするさまざまな産業分野で、IoT(Internet of Things)を活用した新たな価値創出、ビジネスモデルの変革を目指そうという動きが加速している。

しかし、IoT への投資対効果(ROI)は不明瞭であり、貴重な投資を食い尽くす危険性や未知の領域へのチャレンジが伴うことから、IoT 活用への第一歩を踏み出せていない企業も少なくない。また、IoT への投資は短期的に見ると利益が生み出しづらく、価値を得るには長期的な視点が求められるため、思い切った経営判断ができないという声も聞かれる。

では、IoT がもたらす大きなビジネスチャンスを、このまま見過ごしてよいのだろうか? 本ホワイトペーパーで紹介する、IoT の ROI を最大化する 3 つの仕組みとそのヒントを参考に、今後の事業戦略、投資計画などの立案に役立ててほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。