業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

ADLINKジャパン株式会社

技術文書

ADLINKジャパン株式会社

【基礎から分かる】スマートシティ構築に不可欠なIoTゲートウェイとその導入事例

スマートシティを支える重要な要素として、街灯のIoT化が挙げられる。キメ細かな照明管理を行うことで、電力消費や都市の財政負担、温室ガスの削減に貢献する技術だ。本資料では、PLC及びIoT通信に対応したIoTゲートウェイが実現するスマート照明技術と、その事例を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2017/10/23 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 9.65MB
要約
【基礎から分かる】スマートシティ構築に不可欠なIoTゲートウェイとその導入事例
 街灯(ストリート・ライティング)は、公共のセキュリティ対策に貢献するだけではなく、都市の財政負担や電力消費を軽減する上でも重要な役割を担っている。

 しかしながら、従来型の街灯は高効率の照明技術を採用せず、管理にも制約があるため、自治体のエネルギー支出を大幅に押し上げるだけでなく、温室ガス(GHG)放出の原因になると考えられている。

 電力消費と二酸化炭素排出量の両方を削減するには、街灯のスマート化が不可欠だ。

 そのためのソリューションとして、高効率のランプ導入と、IoT技術を使った電力コントロールが特に注目されている。

 本資料では、スマート街灯ソリューションを導入した場合の電力消費の削減率を、ADLINKのPLCおよびIoT通信に対応したゲートウェイ「Matrix MXE-110i」と共に紹介する。

 電力支出を最大80%削減可能なスマート街灯ソリューションを、是非ご覧頂きたい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。