業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アイティメディア株式会社

プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

DisplayPortの最新と製品化における留意点

DP(DisplayPort)は映像出力インタフェースとして高い性能を持ち、更には物理的にUSB Type-Cのコネクターを用いる「USB Type-C ALT Mode」のサポートもあり、一層の普及が見込まれる。ここではDPの最新規格とALT Modeを含む製品実装時の留意点を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2018/04/01 フォーマット PDF 種類

プレミアムコンテンツ

ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 644KB
要約
 画像表示用インタフェースとして長く使われてきたVGAは求められる解像度や広帯域に応じるべくDVIへと進化し、さらにはデジタル化に対応したインタフェースとして、家電向けのHDMIと、PC向けのDisplayPort(DP)が登場し普及した。

 DPはビジネス向けインタフェースとして超高解像度やマルチディプレイなどの機能を生かした応用が進んでおり、更には物理的にUSB Type-Cのコネクターを用いる「USB Type-C ALT Mode」のサポートもあり、一層の普及が見込まれる。

 ここではDPの最新規格を確認するとともに、USB Type-C ALT Modeを含む製品実装時の留意点を紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。