業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アイティメディア株式会社

プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

組み込みAI実行環境としての半導体、日の丸半導体の持ち札は

日の丸半導体ベンダー、ルネサスが攻勢の兆しを見せている。17年度第1四半期決算は好調でありインターシルの買収も終了した。5年ぶりに開催したプライベート展で語られた、攻勢を支える「持ち札」とは何か。

コンテンツ情報
公開日 2018/04/01 フォーマット PDF 種類

プレミアムコンテンツ

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 549KB
要約
これまでなかなか収益の安定を果たすことができなかった“日の丸半導体”ルネサス エレクトロニクスが好転の兆しを見せている。2017年度第1四半期の売り上げは好調であり、インターシル買収に伴う大規模な組織再編も行うなど攻めの姿勢を見せている。

5年ぶりに開催されたプライベートイベント「Renesas DevCon Japan 2017」では、呉CEOら経営幹部がルネサスの攻勢を支える“攻め手”として、組み込み機器へのAI搭載技術である「e-AI」や車載用途に向けた強みを訴えた。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。