製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

アイティメディア株式会社

プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

「もっといいクルマ」を目指す、トヨタの3Dデータ活用事例

3Dデータの活用は各社にとって取り組むべき課題となっているが、「どう活用するか」は難しい。1990年代から3Dデータ活用に取り組むトヨタはVRやARを手段として、3Dデータを「もっといいクルマづくり」に結び付けようとしている。2017年9月に行われた『産業向けVRセミナー「VR / ARの現状と今後」』から、トヨタの講演を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2017/12/12 フォーマット PDF 種類 プレミアムコンテンツ
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 798KB

要約

 もはや設計のデジタル化は製造業にとって珍しいことではなく、多くの企業で3D CADによる設計開発がごく当たり前のように行われている。トヨタ自動車も多分に漏れず、1996年には3Dデータを軸にしたデジタルエンジニアリング技術「V-Comm」を開発、現在、設計の現場ではダッソー・システムズの3D CAD「CATIA」が広範囲に利用されている。

 3D活用に積極的なトヨタ自動車だが、「もっといいクルマづくり」を掲げ、3Dはもちろん、ARやVR、MRの活用にも積極的な姿勢を見せており、その範囲は開発設計だけにとどまらない。講演『産業向けVRセミナー「VR / ARの現状と今後」』から、同社の取り組みについて紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。