業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アイティメディア株式会社

プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

ITとOTをつなぐ「Edgecross」、そのビジョンとメリット

三菱電機ら6社がエッジコンピューティングを用い、ITとOT(FA)の協調を目指した「Edgecrossコンソーシアム」を立ち上げた。コンソーシアム顧問を務める東京大学の木村名誉教授が語る「Edgecross」のメリットとそのビジョンとは何か。

コンテンツ情報
公開日 2018/01/19 フォーマット PDF 種類

プレミアムコンテンツ

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 558KB
要約
 三菱電機やオムロン、NECら6社が幹事会社となって設立した、FAとITとつなぐオープンプラットフォームが「Edgecross」であり、その運営組織体が「エッジクロスコンソーシアム」だ。

 Edgecrossそのものは生産現場とITシステムをつなぐ、エッジコンピューティングのソフトウェアプラットフォームと位置付けられているが、その対象とする領域はエッジ領域にとどまるものではなく、ERPやCRMといった企業活動の根幹を担うITシステムとの連携も視野に入れている。それは日本政府の推進する「Society 5.0」とも大きな関係を持つ。

 システムコントロールフェア(SCF)2017では、コンソーシアムの顧問を務める東京大学 名誉教授の木村文彦氏が「開かれたオープンプラットフォームとその展望」と題した講演を行った。

※本資料はTechFactoryの記事『コンソーシアム顧問が語る「Edgecross」のメリットとそのビジョン』を再編集したものです。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。