製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

ホワイトペーパー

アイティメディア株式会社

プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

マツダ系サプライヤーが取り組む「スマート工場」実現への道

マツダやGMに自動車部品などを供給するティア1サプライヤーのヒロテック(広島県)は、IoTを活用した製造ラインの見える化を実現し、ダウンタイムの削減や生産効率向上、品質向上に取り組んでいる。同社のチャレンジを基に、スマート工場を実現する意義や具体的な進め方について詳しく紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2018/02/21 フォーマット PDF 種類 プレミアムコンテンツ
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 736KB

要約

 IoT(Internet of Things)の活用は、つながる工場/スマート工場を実現する上で欠かせない要素の1つだ。しかし、ただ単に膨大なデータを集めて、それらを“見える化する”だけではスマート工場どころか、IoTの本当の価値を引き出しているとはいえない……。

 製造業におけるIoT活用の第一歩。それは、意味のあるデータを集め、必要な時に、必要な人に、必要な場所に、価値ある情報を提供することだ。

 この第一歩を踏み出し、製造ラインの見える化を実現して、ダウンタイムの削減や生産効率向上、品質向上に取り組んでいる企業がある。広島県に本社を置くヒロテックだ。同社は、マツダやGMなどを相手に自動車部品などを供給するティア1サプライヤーで、積極的に製造現場におけるIoT活用に取り組んでいる……(詳しくは本ホワイトペーパーをダウンロードの上、ご覧ください)。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。