製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

アイティメディア株式会社

プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

「組み込みAIチップ」が5年後には一般化するといえる、3つの理由

AIの中で「CNN(畳み込みニューラルネットワーク)」はAlphaGoのような華々しい事例もあり注目されている。注視するのはエレクトロニクス各社も同様であり、CNNによる推論という手法は定着するといえるだけの理由がそろっている。

コンテンツ情報

公開日 2018/04/12 フォーマット PDF 種類 プレミアムコンテンツ
ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 411KB

要約

 さまざまな産業への利用が期待されるAIだが、中でもCNN(Convolutional Neural Network:畳み込みニューラルネットワーク)を利用したAI機能の実装が注目を集めている。

 このCNNには「学習」と「推論」の2フェーズから構成されるが、エレクトロニクス各社の最新製品や動向をチェックしていると、「組み込みAI」チップが定着するといえる、いくつかの理由が浮かび上がる。

 過去にも何度かのAIブームが起こっているが、これら各社の動きを見ると、CNNを利用したAI機能の製品実装は遅くとも5年後には一般的なものになると想像できる。ここでは、その理由を考察する。

※本資料はTechFactoryの記事『組み込みで「CNNによる推論という手法は定着する」といえる理由』を再編集したものです。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。