業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

アイティメディア株式会社

プレミアムコンテンツ

アイティメディア株式会社

クボタ枚方製造所の組み立てラインに静寂を呼んだ、「お知らせ」の仕組み

製造業の組み立てラインには、アンドンシステムや信号灯といった作業トラブルを知らせる仕組みが広く導入されている。クボタの枚方製造所はこの「お知らせ」を安価に高度化し、作業効率を劇的に改善した。現場主導でなされた、その取り組みを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2018/06/21 フォーマット PDF 種類

プレミアムコンテンツ

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 722KB
要約
組み立てラインにおいて、材料待ちや設備故障、停電などのトラブルとその対応時間削減は大きなテーマだ。こうした事態は起こらないに越したことはないが、現実問題として完全な根絶は困難であり、そのため、アンドンシステムや信号灯といった仕組みが広く導入されている。

農機具や建設機械の大手であるクボタの枚方製造所では、小型油圧ショベルの製造ラインにアンドンシステムとトラブル通知用の呼び出しボタンとコールベルを導入しているが、問題が起きたら「取りあえずボタンを押してベルを鳴らす」ことが常態化し、音が作業者を悩ませていた。

そこに導入され、現場に静寂を呼んだ「お知らせ」の仕組みとは。

※本資料はTechFactoryの記事『クボタの「喧噪音が飛び交う」組み立てラインに静寂を呼んだ、四角いブロック』を再編集したものです。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。