製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本ストラタステクノロジー株式会社

レポート

日本ストラタステクノロジー株式会社

エッジコンピューティングでIndustry4.0を実現、そのメリットと将来像とは?

クラウドが得意とする分析基盤の役割をより有効に利用できる技術とされるエッジコンピューティング。エッジコンピューティングは、Industry4.0実現に欠かせない技術とされ、脚光を浴びている。そのメリットと将来像とは?

コンテンツ情報

公開日 2018/07/13 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.43MB

要約

 エッジコンピューティングとは、IoT機器などの現場のデバイスの近くにサーバなどの基盤を配置し、その近隣で生み出されるデータをそれぞれのエッジで分散処理した上で、クラウドとの連携を行う技術である。この技術がIndustry4.0の代表事例「スマート・ファクトリー(考える工場)」の実現に欠かせない技術として脚光を浴びている。

 スマート・ファクトリーでは、製造現場の業務プロセスのデジタル化、IoT化によって製品のライフサイクルを通じたバリューチェーン全体を改革。工場の自動化を経て最終的には無人化運転まで行うことを目指している。しかし、クラウドのみではデータ量の増加や応答遅延、セキュリティなどの課題から、これを実現することはできない。そこで考えられたオンプレミス側の施策が、エッジコンピューティングである。

 本資料では、エッジコンピューティングのメリットや将来像について詳細に解説する。エッジコンピューティングは製造現場、金融、医療、公共サービスなどさまざまな分野に適用できる。クラウドが得意とする分析基盤を有効活用するための手引きとなるはずだ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。