製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

SAS Institute Japan株式会社

技術文書

SAS Institute Japan株式会社

調達不正の検知・防止にハイブリッド型の分析アプローチが有効である理由

時に甚大な被害を生じさせる商取引上の不正行為。特に調達不正は、従来型の不正検知手法では見極めるのが困難だといわれる。被害を未然に防ぐには、統合されたデータ基盤とその分析モデルの活用というハイブリッド型のアプローチが必要だ。

コンテンツ情報

公開日 2018/09/11 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 451KB

要約

 米国で実際に発生した、個人が約57億円もの金銭をだまし取った事例から分かる通り、商取引上の不正行為は組織に甚大な被害を生じさせかねない。特に資材や商品をやりとりする調達行為における不正は、さまざまな要因が組み合わさり、その検知は非常に難しいといわれている。

 これまでも、こうした不正を検知するためのアプローチは存在していたものの、多くの不正は見過ごされたり、発覚まで時間がかかったりといった状況だった。これは、不正検知の基盤となるデータのサイロ化、分析能力の欠如、マンパワーによる非効率なプロセス管理などが原因だ。こうした受動的なアプローチは限界を迎えつつある。

 本コンテンツでは、調達不正の事例を挙げながら、もはや組織を守ることができなくなった従来型アプローチから脱却し、統合されたデータ基盤と、不正対策に特化した分析モデルの活用という、ハイブリッド型の不正検知アプローチを採用することの必要性を説いている。同時に、新たなアプローチを実践するためのポイントが挙げられており、調達不正対策を課題とする組織にとっては大いに参考になるはずだ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。