製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

SAS Institute Japan株式会社

製品資料

SAS Institute Japan株式会社

不正調達の防止・検知を徹底、商取引全体の能動的なモニタリングで利益を保護

経済犯罪行為の中でも、一度発生すれば甚大な被害を免れ得ないのが、調達不正だ。この対策に特化した高度なアナリティクス手法を組織に導入することで、不正の抑止と不自然な取引の検知が可能になり、結果として組織の利益拡大につながる。

コンテンツ情報

公開日 2018/09/11 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 985KB

要約

 資材や商品の調達不正に関するある調査によると、その77%が上級または中級の経営幹部の犯行によるものであり、その多くが内部統制の範囲内の手法によって発覚したという。その一方で、調達不正の削減に最も効果があると思われがちな、不正リスク管理の手法では、不正ケース全体の17%しか明らかにならなかったという。

 そのため、調達不正を未然に防ぐためには、その対策に特化した高度な分析手法を用いて、不正の兆候に目を光らせ続ける必要がある。すなわち、業務システムからあらゆるデータを収集し、それらを基に継続的な分析をして、リスクスコアの高い取引を自動的に見つけ出せるソリューションが今、求められている。

 本コンテンツでは、組織のシステム基盤の継続監視と優れたデータ分析により、不正を検知、防御可能なソリューションを紹介している。その導入は、不正に対する抑止力にもなり、想定される損失を削減できるため、極めて短時間で初期投資が回収可能だという。場合によっては、3%の不正削減で利益が60%も増加するケースもあるという。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。