製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社スリーディー・システムズ・ジャパン

製品資料

株式会社スリーディー・システムズ・ジャパン

3Dスキャンデータの有効活用を実現する“リバースエンジニアリング”に注目

現物形状を3Dモデルデータ化して解析・設計に活用するのが、製造業のトレンドとなっている。そこで注目されているのが、3Dスキャナーと、そのデータをCADソフトまでスムーズにつなげる“リバースエンジニアリング”の手法だ。

コンテンツ情報

公開日 2018/09/12 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 750KB

要約

 デジタルツインのコンセプトが浸透してきた現代の製造業において、現実世界にある“モノ”の形状を3Dスキャナーでデータ化して活用するというニーズは高まっている。さらに、2017年に経済産業省が公表した「型管理の適正化に向けたアクションプラン」により、メーカーやサプライヤーは金型の廃棄や管理方法の見直しを迫られており、ここでも金型形状を3Dスキャンデータ化するのが有効な解決策となっている。

 ただし、3Dスキャナーから生成されたデータは完璧なものとはいえず、そのままではCADを使った解析・設計に活用することはできない。現在は、メッシュフィットサーフェシングを用いてCADで利用できる形式にデータ変換するのが一般的となっている。この手法で作成したデータは幾何要素やパラメータを持たず、CADでのモデリング作業が必要となる。

 本資料では、3Dスキャンデータからパラメータを抽出して、設計意図に基づきフィーチャーを構築する“リバースモデリング”のプロセスを実現する画期的なソフトウェアについて解説。CAD設計者の負担を増やすことなく、スキャンした3Dモデルデータを有効活用する手法が確認できる。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。