製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

キーサイト・テクノロジー株式会社

製品資料

キーサイト・テクノロジー株式会社

そのパスコン本当に電源ノイズに効いていますか?

電源回路の設計エンジニアのは「経験と勘でパスコンを乗せて電源ノイズ対策をしている」「基板のシミュレーションや試作回数が増えて費用と工数が問題に」といった悩みはないだろうか。実は電源ノイズ低減の肝は電源インピーダンスだ。ここでは解決事例を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2018/10/11 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 2.55MB

要約

 最新のデジタルICの電源は「低電圧・大電流」化しており、エンジニアはこのような電源ノイズ対策をしていないだろうか。

 ・とりあえず経験と勘でパスコンを乗せて電源ノイズ対策をしている
 ・電源の負荷変動やノイズの挙動が分からない
 ・対策部品ばかりで基板にスペースがない
 ・基板のシミュレーションや試作回数が増えて費用と工数が問題
 ・mVオーダーの電源ノイズはオシロスコープでは見れなかった

 実は、電源ノイズ低減の肝は電源インピーダンスである。電源インピーダンスを低く抑えれば電源ノイズも小さくできる。ところがインピーダンスを測定してみると特定の周波数でインピーダンスが数十倍以上になっている基板がほとんどだ。デジタルICが、この周波数で電流を引っ張るとノイズが一挙に数十倍になって誤動作を起こしてしまう。電源インピーダンスを測定すれば、その周波数に効くパスコンで対策できる。

 本資料では、オシロスコープで電源インピーダンス測定ができるPI(パワーインテグリティー)アナライザのノイズ対策の事例を紹介する。ぜひ解決のヒントにしていただきたい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。