業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

キーサイト・テクノロジー株式会社

技術文書

キーサイト・テクノロジー株式会社

5Gの最初のステップ 5Gデバイスの物理層設計課題をいかに解決するか?

5Gでは、4Gに比べて無線通信で極めて高速なデータレートと低遅延を実現するが、それを支える5Gデバイスとコンポーネントの設計には、OTA(Over The Air)テストなど解決すべき新たな課題が生じる。これらの課題、及び、その解決方法について紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2018/10/26 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 1.38MB
要約
 5Gの時代がいよいよ近づいてきた。5Gでは、4Gに比べて大幅に機能が拡張される。3GPPリリース15仕様では、eMBB(enhanced mobile broadband)とURLLC(ultra-reliable, low-latency communications)に重点を置いており、無線通信で極めて高速なデータレートと低遅延を実現する。

 これらの仕様により、5Gデバイスとコンポーネントの設計には次のような新しい課題が生じる。

・柔軟な時間/周波数間隔により、低レイテンシが実現される一方で、複雑なチャネルコーディング、信号品質、テストケースの増加

・帯域幅パートによりスペクトラムの効率的使用が可能になるが、新たに共存の問題が生じる

・マッシブMIMOとミリ波ビームステアリングにより、スループットと容量の向上が得られるが、ビーム管理に新しい課題が生じる

・ミリ波周波数の使用によりチャネル帯域幅を拡大できるが、OTAテストが必須

 本シリーズのパート1では、5G NR仕様を紹介し、5Gで計画されている進歩を支える新しい機能について説明する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。