業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

オン・セミコンダクター

技術文書

オン・セミコンダクター

Sigfox採用の無線警報システムにみる、産業用IoT製品開発フロー

本資料では、IoT環境における具体的なシステム開発のプロセスを詳細に説明している。より実際に即して説明するために、受動型赤外線(PIR)モーションセンサー警報機で動きを検知し、Sigfoxネットワークによりクラウドにメッセージを送信するIoTシステムの例を用いている。

コンテンツ情報
公開日 2018/11/01 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 22ページ ファイルサイズ 1.65MB
要約
 本資料では、IoT環境における具体的なシステム開発のプロセスを詳細に説明する。
より実際に即して説明するために、PIRモーションセンサー警報機で動きを検知し、
Sigfoxネットワークによりクラウドにメッセージを送信するIoTシステムの例を用いている。

 一般的な開発プロセスのうち、コンセプト分析からシステム要件まで、機械的成約を含むハードウェアとソフトウェアに対する仕様の検討と確認、それらの具体設計における検討項目と開発フローについて解説している。地域の無線通信に関する認証やSigfoxに関する認証についても触れている。

 具体的な開発フローの説明のために、オン・セミコンダクターのSigfox無線SoC製品と受動型赤外線(PIR)検出コントローラー製品を用いた、PIRセンサー警報システムのデモハードウェアとソフトウェアをレファレンスデザインとして用いてる。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。