業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

SBテクノロジー株式会社

製品資料

SBテクノロジー株式会社

PoCから実用化へのハードルを乗り越えるIoTサービスとは?

「優れた顧客体験」の提供や「サービスビジネス」の実現にIoT・AI活用への期待が高まる一方、多くの企業において実用化が進んでいないのが実情だ。そこで、IoT・AI活用の課題を解決するサービスを、ユースケースと併せて紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2018/11/22 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 2.67MB
要約
 IoT・AI活用は、「優れた顧客体験」の提供や「サービスビジネス」の実現手段として大きな期待が寄せられる。しかし、多種多様なニーズの整理や費用対効果の検証、管理対象になるIoT機器の増加や適用業務の範囲拡大などの問題から、多くの企業がPoCレベルか、局所的な運用にとどまっている。

 こうしたIoT導入に纏わる課題を解決するのが、IoT機器の統合管理とデータ活用にむけたプラットフォームサービスだ。Microsoft Azureでエッジコンピューティングを含むIoT、AIを連携し、「モノ・データ・ヒト」を統合的に管理。プラットフォームの拡張性を生かして、各種サービスとシームレスに連携し、機器の増加やデータ増大に伴う導入コストと実用性の最適なバランスを取りながら、企業ごとに適した形での導入・拡張が可能だ。

 本資料ではこのサービスをユースケースと併せて紹介する。製造現場、建物におけるセンシングデータの集約・可視化から、デバイスのリモートコントロールなど、さまざまなビジネスシーンで活用できるサービスの実力をぜひ確認してほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。