製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

WP

富士通株式会社

事例

富士通株式会社

多数の生産拠点を横串で把握、横浜ゴムに学ぶデータに基づく工場経営の最適化

生産拠点をグローバルに展開している企業にとって、全拠点の生産状況の把握は重要な課題だ。タイヤメーカー大手の横浜ゴムの事例から、多数の生産拠点のデータを収集・比較して経営最適化を実現する方法を探る。

コンテンツ情報

公開日 2018/11/28 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 583KB

要約

 タイヤメーカー大手の横浜ゴムは海外に多くの生産拠点を展開している。同社では、海外拠点の生産比率が高まったことを受け、グローバルで状況を把握した上で全体最適化を行う必要に迫られていた。

 個別最適の状態では、各拠点のデータを把握できても、全拠点を横串で比較するのは難しく、経営にとって重要な意思決定ができないからだ。その解決策として、同社が選択したのがデータ収集・可視化ソリューションだった。

 その導入後、本社から各拠点の生産状況をリアルタイムに確認できるだけでなく、各拠点の状況も直感的に把握できるようになったという。同社の事例は、データ分析を経営の意思決定につなげ、改善策を実行していこうと考える企業にとって参考となるだろう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。