製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

ホワイトペーパー

株式会社フォトロン

製品資料

株式会社フォトロン

国産3D CADが製造現場にもたらす革新的な業務改善とは?

本来、業務が効率化されるはずの設計データの3D化。しかし、ものづくりの現場では、ライセンス不足や煩わしいデータ変換といった数々の問題を抱えている。この解決に、国産3D CADが注目を浴びている。

コンテンツ情報

公開日 2019/03/26 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 676KB

要約

 ものづくりの現場では設計データの3D化が進んでいる。本来、3D化により納期短縮などの業務効率アップや品質向上、創造性の創出につながるはずだが、現実はどうだろうか。せっかくの3D設計データが生産技術や製造などの工程で2Dや手書きに変換されているケースが多く見受けられ、図面の読み違いなどのミスによる手戻りが発生している。また、取引先や部門間で採用されている3D CADシステムが異なり、データ変換時に破損・欠落するため、設計者は修復作業に時間が奪われているという。

 これらの問題は、3D CADのライセンス不足や、異なるCADシステム間におけるデータ変換精度の低さなどに起因している。さらに、日本は独自の製図文化を持つゆえに、設計データの3D化そのものが遅れていることも影響している。そうした中、国内のものづくりに精通した日本のベンダーが、これらの問題解決を明確な開発コンセプトとした、国産3D CADを投入した。

 本資料では従来とは比較にならない低コストで、さまざまな問題が解決できるこの3D CADの神髄に触れることができる。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。