業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

株式会社ドリーム・アーツ

事例

株式会社ドリーム・アーツ

情報系システム導入の「3つの壁」と、それを乗り越えた企業の選択とは?

ここ数年のIT投資の停滞により、「低コスト」「低工数」「低リスク」はシステム構築の必須条件となった。しかし、従来のシステム化手法では、その実現に幾多の壁が立ちはだかる。

コンテンツ情報
公開日 2011/02/18 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 3.58MB
要約
 数百万〜数千万円のシステムを時間をかけて作る。そんなやり方はもう流行らない。2011年は、企業が長い冬眠を終えて攻めに転じる年であり、各社が新事業に乗り出したり、稼ぎ頭の事業で収益を拡大するために、新しい仕掛けを作るケースが増えるだろう。その仕掛けの作り方は企業それぞれであり、「人」の数だけバリエーションがある。

 共通しているのは、それを実行するためのオペレーションやシステムの整備に「お金も時間もさほどかけられない」ということだ。3カ月後、1年後には成果を生み出す「新たな仕掛け」を作らなければならない。そのためにはITの力が不可欠だが、じっくり整理して吟味している予算や時間はない。

 本ホワイトペーパーでは、情報系システム導入に立ちはだかる3つの壁を解説するとともに、その壁を見事に乗り越えた「買い物上手」な企業の事例を紹介。競合に勝つための仕掛けを作ろうと考えるなら、「考える前にやってみる」「固執しないで変化に対応する」「ダメなら次」といった、トライ&エラーの考え方が必要になる。システムもそれに合わせて追随できる、“ノリ=取りあえずやってみる”概念とそのための基盤が重要だ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。