製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

ホワイトペーパー

トレンドマイクロ株式会社

レポート

トレンドマイクロ株式会社

つながる時代の製造業に必要となる「ネットワーク」を再考する

ネットワークの仮想化が進んでいる。“つながる”ことを進める製造業においては、製造装置から工場内PC、自動車といった接続対象に対して、それぞれ「最適かつセキュアなネットワーク」を選定する必要がある。その基準について解説する。

コンテンツ情報

公開日 2019/04/10 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 1.18MB

要約

 製造業においてサイバーフィジカルシステムは大きな関心を集めているが、生産拠点などの現実が地理的に点在している以上、実現にはネットワーク事業者(CSP)のネットワークを経由することになる。加えて製造業のサービス化も進み「製造されたモノ」もつながる事が重要となっているおり、ネットワークの重要性は増大している。

 各CSPではネットワーク機能仮想化(NFV)を進めており、これまで物理/プロトコルで散逸していたネットワークを仮想化することで運用柔軟性を高め、機器やサービスに応じたサービス提供を実現している。これを製造業に当てはめると、製造装置から工場内PC、自動車といった接続対象に、それぞれ最適な速度やセキュリティを提供することが可能となる。

 同じ“つながるもの”だとしても、対象が異なれば必要なネットワーク要件は異なり、製造業のサービス化までも視野に入れた場合、個別対応は必須と言える。本資料では製造業自体はもちろん、製造されたプロダクトもつながることが前提となる時代、「どのようなネットワークとネットワークセキュリティを実現すべきか」の指針を示す。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。