製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

ホワイトペーパー

EE Times Japan編集部

プレミアムコンテンツ

EE Times Japan編集部

覇権を握り続ける台湾ファウンドリー業界の現状とこれから

台湾のファウンドリービジネスに死角はないのか。台湾のファウントリー業界の現状とこれからを考える――。

コンテンツ情報

公開日 2019/05/24 フォーマット PDF 種類 プレミアムコンテンツ
ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 712KB

要約

覇権を握り続ける台湾ファウンドリー業界の現状とこれから
半導体ファウンドリーの先駆けとなる1987年のTSMC設立から30年以上がたったが、620億米ドル規模のグローバルビジネスにおける台湾の優位性が衰える気配はない。TSMCは2017年、ファウンドリー業界の世界売上高の約52%を占めた。

一方で、中国のファウンドリー事業も急速に成長し始めている。

台湾のファウンドリービジネスに死角はないのか。台湾のファウントリー業界の現状とこれからを考える――。


※本ホワイトペーパーは、EE Times Japanで掲載した記事を再構成しPDF化したものです。


アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。