業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

PTC ジャパン株式会社

事例

PTC ジャパン株式会社

製造業の設計者は必見、次世代のデジタル設計事例26種類を一挙公開

AIやIoTの進展、アディティブマニュファクチュアリングといった新たな製造技術の登場に伴い、モノづくりの設計環境にも変化が求められている昨今。これらの新たな技術を活用した設計のベストプラクティス事例26種類を一挙公開。

コンテンツ情報
公開日 2019/06/19 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 57ページ ファイルサイズ 5.37MB
要約
 IoTやAI、AR/VRなどの新技術の普及は、モノづくりを支える設計環境の在り方についても大きな影響を与えはじめている。新技術によって高機能化や複雑化が進む製品の開発に対応すべく「モデルベース開発(MBD)」の導入が広がっている他、金属3Dプリンタなどを活用した「アディティブマニュファクチュアリング」など、従来とは異なる思想の製造技術も普及期が近づき、それに伴って「ジェネレーティブデザイン」などの新たな設計技術の実践導入にも大きな注目が集まっている。

 加えて、IoTの進展でさまざまなデータが習得できるようになり、製品設計に現実世界のデータを使って行ったシミュレーション結果を活用するといった手法も実現可能になってきた。そのため、設計環境におけるCAEの活用も再び注目されはじめている。

 本資料は設計環境に上記のような新技術を取り込み、活用している26種類のベストプラクティス事例をまとめた。次世代の設計環境を構築する上で、役立つ情報が見つかるはずだ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。