業界特化型 技術・製品情報サイト
  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

PTC ジャパン株式会社

事例

PTC ジャパン株式会社

好業績の製造業は設計領域でどのようにシミュレーションを活用しているのか

製品の複雑化が進む一方で、製品開発期間の短期化やさらなる品質の向上が求められている製造業。こうした市場環境の変化に対応し、好業績をあげている企業は製品設計においてどのようにシミュレーションを活用しているのか。

コンテンツ情報
公開日 2019/06/19 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 1.05MB
要約
 グローバルな市場競争が加速するなかで、さらなる品質の向上や製品開発期間の短縮など、製造業に求められる要求は日々高まっている。

 こうした市場環境の変化は、モノづくりの設計プロセスにも大きな影響を与えている。品質や信頼性、コスト、納期などの対立する要求がある中で、製品の複雑化によって1つの設計変更が製品開発プロセス全体に与える影響を見通すことが、非常に難しくなりつつある。

 一方でこのボトルネックを解消し、設計プロセスの意思決定を効率的かつ的確に行えるようになれば、製品および企業の競争力の向上につながることは間違いない。そしてこのボトルネックの解消につながる手法として、設計領域におけるシミュレーションの活用に大きな注目が集まっている。

 本資料は、調査会社Tech-Clarity,Inc.による世界の195社に対して近年の市場環境の変化を受けて感じるエンジニアリング上の課題についての調査結果とともに、市場変化に対応し好業績を挙げている企業が取り組んでいる、設計領域でのシミュレーション活用の実態についての詳細レポートを紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。