製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

ホワイトペーパー

トレンドマイクロ株式会社

レポート

トレンドマイクロ株式会社

製造業IoTの価値を最大限発揮するセキュリティフレームワークとアーキテクチャ

IIoTに対するサイバー攻撃への特効薬はないが、「特定」から「復旧」までのフレームワーク策定と段階に応じた施策で影響を最小化することは可能だ。加えて、どのような要件からセキュリティ技術を選定するかの基準も紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2019/07/05 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 1.4MB

要約

 「IoT」いう言葉の定義は広範であるが、製造業におけるIoTを指す言葉としての「IIoT」(Industrial IoT)の指す内容は比較的明確だ。生産機器を含めた製造プロセスからのデータを収集し、処理して活用し、現場や経営判断にフィードバックすることがIIoTだと目されている。

 こうしたIIoTを実現するために必要な技術である、ネットワーク化、クラウド導入などが広がることで、企業の生産性は向上している。しかし一方で、産業システムはサイバー攻撃にさらされるリスクも内包することとなった。

 IIoTシステムに対するサイバー攻撃への特効薬はないが、「特定」「防御」「検知」「対応」「復旧」というフレームワークの策定と各段階に応じた施策の実施によって、影響を最小限に抑えることは可能だ。もちろん、NIST 800-53やIEC 62443などの関連企画を理解することも重要となる。

 本資料ではIIoTを実践する際、クリアすべき課題となるセキュリティ実装について参考となるフレームワークならび基本的なITアーキテクチャを示すとともに、どのような要件からセキュリティベンダーを選定するのかの基準もあわせて紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。