業界特化型 技術・製品情報サイト

  • MONOist
  • EE Times Japan
  • EDN Japan
  • スマートジャパン
  • BUILT

WP

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

製品資料

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

工場全体の監視に、いかにして取り組むのか?

予算削減、労働力不足、設備の老朽化、高価なテクノロジー…。こうした課題に悩む、あらゆる設備保全管理者に、最適なデータ管理とデータ解析、システム管理の方法を紹介。

コンテンツ情報

公開日 2019/08/01 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 1MB

要約

 グローバル経済が急成長する現在、工場全体を監視するシステムの需要が増加している。その背景には、所有設備に大きく依存し、その信ぴょう性に懸念を示す企業の存在がある。予期せぬダウンタイム。設備保全の発生。これによりコスト面と安全面で大きなデメリットを追う可能性があり、企業の収益に直接影響を及ぼす問題となりうるからだ。

 本稿では、信頼性技術者と設備保全プロフェッショナルが、「収益の増加」「コストの削減」「リスクの軽減」という3つの目的に対応する保全戦略を実装する際に必要な、現在の設備保全とエンタープライズシステムに保全における課題や、予知保全戦略のメリット、優先されるべき検討事項を紹介。ナショナルインスツルメンツの、NI InsightCM Enterpriseを使った課題の解決方法への布石となる資料だ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。