製造業のための製品・サービスを探す - TechFactory ホワイトペーパー ダウンロードセンター

WP

株式会社アイブリッジ

レポート

株式会社アイブリッジ

SAP ERPからS/4HANAへの移行、選択肢は「オンプレ」と「プライベートクラウド」

2025年にSAP ERPのサポートが終了する予定だ。移行に必要なインフラの切り替えは簡単ではないため、今から移行準備を進めないと間に合わない可能性がある。本稿では、S/4HANAに移行するときに検討しておきたい事柄について詳しく説明する。

コンテンツ情報

公開日 2019/10/08 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 678KB

要約

 「SAP ERP 6.0」「SAP Business Suite 7」のサポートは2025年に終了を予定している。事実上、ユーザーはSAPの次世代ERP「SAP S/4HANA」への移行を迫られている。

 S/4HANAへの移行を検討しているユーザー企業は、早めにインフラ計画を作成したほうがよいだろう。S/4HANAの導入は一般的に、かなり大変な仕事だからである。

 SAP ERPからS/4HANAに移行するときに検討する事項の一つとして、「オンプレミス」「プライベートクラウド」「パブリッククラウド」からなる導入オプションが挙げられる。S/4HANAの運用環境として「オンプレミス」、もしくは「プライベートクラウド」を選択する企業は少なくない。なぜなら、多くの企業は、ミッションクリティカルなインフラを、オンプレミスやホスト型のプライベートクラウドにデータを保持することを好むからである。

 本稿では、SAP S/4HANAに移行するときの課題と、移行に際して検討しておきたいポイントについて解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。